「30代でキックボクシングがうまくなる方法って、ないかな?」と思っているあなた。

ちゃと
あります。ボクシング歴10年、プロキックボクサーから教わった全てをお話しします。

さらに「ほかの格闘技との違い」もご紹介。

また「全身を細くする方法」「ケガや骨折を予防する点」も説明します。これで、頭はクリアになる。さあ、早速始めましょう。

■ 目次

キックボクシングがうまくなる15のテクニック

 

キックボクシングがうまくなる方法に、年齢は関係ありません。そして、15個、ご用意しました。

基本 15のテクニック

1:縄跳びの飛び方
2:構え方
3:力を抜くこと(脱力)
4:攻撃は「当たる瞬間に、力を入れる」こと
5:ジャブ
6:右ストレート
7:左フック

8:パンチを切る大事さ
9:パンチの防御の仕方
10:フックへの防御
11:反復練習(ディフェンスの練習)
12:「パンチを出すサイン」を探す
13:左ボディの打ち方
14:キックの軸足
15:ほかの格闘技を見て、技術を盗む

1つずつ確認していきましょう。

 

1:縄跳びの飛び方

 

縄跳びこそ「フットワーク(足の運び)」の基本です。わかっている人も多いでしょうが、次の4つを確認しましょう。

4つのステップ
  1. 片足で2回ずつ飛ぶ
  2. 足踏みのように、飛ぶ
  3. 2倍の速さ(の感覚)で飛ぶ
  4. ももあげ

 

①:片足で2回ずつ飛ぶ

 

まずは「片足で2回ずつ」。

縄跳び 右足 左足で2回
ちゃと

足の使うところも確認しましょう。母指球(ぼしきゅう)と呼ばれる、親指の下あたりです。ここで、体やパンチなど、全てをコントロールします。

〇:上からだと、この位置

縄跳びの足の着地するところ。上から

〇:横からだと、この位置

縄跳びの足の使い方 横から見た絵
ちゃと

かかとは上げたままですね。

 

②:足踏みのように飛ぶ

 

次は「左→右→左→…」と、足踏みのような飛び方。より、フットワークに近いですね。

縄跳びで足踏みを飛ぶ

この2つが基本です。

 

③:2倍の速さ(の感覚)で飛ぶ

 

次は「2倍の速さ(の感覚)」で飛ぶこと。飛び方のポイントは、次の通りです。

ポイント
  • 手首・腕を使って、縄を早く回す
  • 縄は、浮かせたまま

手首や腕に、縄の重さがかかり、腕も鍛えられます。

  • ひざは、飛びやすいように上げる

縄を飛ぶことだけを考えましょう。

  • 15秒~30秒で、普通の飛び方に戻す
縄跳び 2倍の速さで飛ぶ

 

④:もも上げ

 

次は「ももあげ」です。「ひざ」と「もも」を思いっきり、高く上げましょう。

飛び方
  • 縄を床に当てない
  • ひざを早く、高く上げる

リズムよく、足を蹴りあげましょう。

  • 上半身を少し倒す

これで、飛びやすいです。

「タンッ、タンッ、タンッ」と、テンポよく行うのです。

縄跳びの足上げ

 

3分の使い方

 

1ラウンド(3分)の使い方は、こちらです。

1ラウンドの使い方
  • 30秒、普通に飛ぶ
  • 15秒、③が④で、追い込む

これを4回繰り返すと、ちょうど1ラウンドになる

  • (30秒+15秒)×4回=180秒=1ラウンド(3分)
ちゃと
私はこれを6ラウンド飛んでいました。

 

2:構え方

 

では、次に構え方。「下半身」と「上半身」で分けて、説明します。

 

①:下半身の基本

 

上から見た絵を使って、実際にイメージしてください。

4つのポイント
  • 後ろ足(絵では右)

進む方に対して「直角」につま先を向ける。

かかとは少し上げる。

  • へその向き

進む方に対して「45度」。

  • 前に出ている足(絵では左足)

45度よりは、少し進む方につま先を向ける。

かかとは少し上げる。

  • 体重のかけ方

後ろ足の母指球に乗せ、いつでも動けるようにする。

構え 下半身

 

②:上半身の基本

 

上半身の作り方は簡単です。まずは、亀のように丸まります。

【前から見ると】

亀のように丸まる 前から

【横から見ると】

亀のように丸まる 横から
ちゃと
このまま、腕を自然にずらすと、構えが出来ます

【前から見ると】

腕をずらすと 前から

【横から見ると】

腕をずらすと 横から
ちゃと
ひじは「自然に下に落とす」。力を入れずに、脇を締めましょう。

【前から見ると】

ボクシングの構え 前から ひじを下ろすコツ

【横から見ると】

ボクシングの構え コツ 両肘を下ろす
ちゃと
これで、背中の筋肉が使われ、体力を節約できます。

ちなみに、腕を置いても、ガードが落ちなくなります。

腕をのせても下りないガード
ちゃと
この原理を、ほとんどのトレーナーが知りません。有名な人でも、教えてくれない。かなり「耳より情報」ですよ。

 

3:力を抜くこと(脱力)

 

力を抜くと、攻撃をすぐに出せます。だから、格闘技全てで、重要なポイントです。これも、簡単。1度、肩に力を「グッ」と入れましょう。その後に抜くと、肩が自然に落ち「いい構え」になります。

【1度、肩に力を入れる】

構え 肩の力が入った状態

【そして、肩を抜く】

肩の力が抜けている構え
ちゃと

これで、いつでも対応できます。

 

4:攻撃は「当たる瞬間に、力を入れる」こと

 

攻撃は「当たる瞬間に力を入れること」がポイント。これで、スピードが速くなり、拳やキックをより固く、強く出来ます。

ちゃと
コツは「当たる瞬間、腰を1cm落とす」。これで強い攻撃になります。
当たる瞬間に腰を1cm落とす
ちゃと
このコツを知らないと、肩に力が入り、スピードあるパンチ・キックが打てません。

 

5:ジャブ

 

こちらも「下半身」「上半身」に分けましょう。

 

①:下半身

絵で見て、イメージすると動きやすいです。

【上から】

下半身の動き 上から見たところ

【横から】

ジャブの足 横から

ポイントはこちら。

5つのポイント
  • 前に進むのは、後ろ足で
  • 後ろ足のかかとは浮かせる
  • サッカーのスライディングみたく、前足を出す
  • 前足のかかとは、床についてもOK
  • 腰の「ゴツっとした骨」を出す

 

②:上半身

ちゃと
上半身のポイントは「拳、肩、頭を直線に並べる」ことです。
上から見たストレートリードの打ち方 ストレートリードを横から見た姿

これは「ジークンドー(ブルースリーが作った格闘技)」の「ストレートリード」という理論と同じになります。

ちゃと
こうすると「ロック」され、強い力になります。

そして、実は少しずれるだけで、簡単に押し返される。

ストレートリードが曲がった時 上から

 

ストレートリードが曲がっとき 横から
ちゃと
これだけで、力を入れずに強いパンチが出せます。

 

③:出入り(ではいり)

ちゃと
キックボクシングでは「出入り」が大事です。この「出入り」とは、距離を変化させること。

これで「自分の攻撃を当て」「相手の攻撃を受けない」試合運びができます。

ちゃと

そして必要なのが「フットワーク(足の動き)」。ここを説明しましょう。

まず、ジャブの後、ステップ(縄跳びみたく、軽く飛ぶ)すると、最初の位置に戻ります。

ジャブを打った後、1回飛ぶと、元に戻る
ちゃと
さらに、もう1回ステップすると、腰と直角に下がります。
ジャンプすると、垂直に戻る
ちゃと
これだけで、距離を「詰めたり」「離れたり」できます。

 

6:右ストレート

 

右ストレートの打ち方は、体を回すこと。「腰を落とす」と、自然と回ります。

右ストレート 前から

さらに、少し股間を出すと、下半身が安定します。これで、強いパンチになるのです。

右ストレート 横から

イメージは、野球のピッチャーですね。右手をボールのように「飛ばしましょう」。

マエケン チャンネル KENTA MAEDAさんのチャンネルより

 

7:左フック

 

左フックの打ち方は、3つあります。

  1. 頭の重さを、後ろに落として打つ
  2. 左足に乗せた体重を使って、体を回転させる
  3. 右に軸をずらし、全体重をのせる
しぼ男くん
すごい、ぜひ聞きたいな。

 

その1:頭を重さを、後ろに落として打つ

 

頭を背中側に「落とすイメージ」にしましょう。この体重移動を使って、左手に伝えます。

しぼ男くん
え? よくわからない。
ちゃと
それでは、絵で確認してください。
ちゃと
体の中心に乗っている頭の重さを…
左フックの打ち方 横から 構え
ちゃと
後ろに落とし、その力を拳に乗せます。
ボクシング 頭の重さを利用したフック
ちゃと

距離がなくても打てるパンチ。コーナーに追い詰められても、できますよ。

 

その2:左足に乗せた体重を使って、体を回転させる

 

続いて、左足に乗せた体重を使って、回転する打ち方です。

ちゃと
右ストレートを打った後なら、イメージが付きやすいですね。

【上から】

右ストレートを打って、左足に体重を乗せる

【横から】

横から見た右ストレート
ちゃと

この後、体を回転させます。そして、大事なのが「左手の甲を、目で見ること」。

【上から】

左フックの打ち方 上から

【横から】

横から見た左フック
ちゃと

手の甲を自分に向けると、腕が固まり、強いパンチになります。

【手の甲を見ると】

手で引っ張っても、動きません。

左手の甲を見ると、ロックされて強い力で打てる

【手の平にすると】

簡単に腕が動いてしまいます。

左手の平になると、強い力が出せない
ちゃと
打ち方は、左ジャブを出すイメージのまま「甲を見る」動作をプラスする。

これで「小さく鋭い」フックが打てます。

左ジャブをまずは打つ感覚で
左フックの軌道になる

 

その3:右に軸をずらし、全体重をのせる

 

右に軸をずらすと、全体重を乗せられます。だから、強いパンチが打てる。

ちゃと
右を打った後、軸をずらします。その軸で回転して、全体重を乗せる。
前から見た右ストレート
前から見た左フック
ちゃと
爆発するような攻撃を打てます。

 

8:パンチを切る大事さ

 

パンチを切ることで「格闘家の攻撃」になります。

まず「パンチを切る」とは「当てる対象物(たいしょうぶつ)の向こう側を打ち抜くイメージで」「すぐに手を引く」こと。絵を見ると、わかりやすいです。

パンチを切る打ち方

この打ち方だと、サンドバッグが縦に揺れます。

サンドバッグが縦に揺れる

サンドバッグを「人の体」と考えてみましょう。「顔に当たれば、脳みそ」「お腹に当てれば、内臓」が、縦に揺れます。つまり、体の中から壊し、ひざから倒れるのです。

縦に揺れる衝撃を人と考えると

これを知らない素人の場合、簡単に言うと「押す」だけになります。サンドバックだと横に揺れるだけ。人ならただ倒れるだけ、転ぶのと同じです。

サンドバッグが横に揺れる
横に揺れる衝撃を人と考えると

どちらが怖いか、あなたにも分かるはずです。

 

9:パンチの防御の仕方

 

続いて、パンチの防御について。相手のパンチを打ち落とすことを「パーリング」と言います。やり方は、説明した「ジャブ」「ストレート」の理論を使う。簡単ですよ。

 

①:ジャブに対して

 

ジャブに対しては「ジャブを打つ理論」そのまま使いましょう。

5つのコツ
  • ゴツっとした腰骨を、前に向ける
  • 後ろ足(右足)に、体重を乗せる
  • 「両肩、頭、手」を一直線に
  • 腰を「1cm」落とす
  • 後ろ足のかかとは浮かせる

【上から】

左ジャブのパーリング 上から

【横から】

左ジャブのパーリング 横から

 

②:右ストレートに対して

 

右ストレートに対しても「右ストレートを打つ理論」を使います。コツを確認しましょう。

4つのコツ
  • 後ろ足(右足)を少し引き、つま先を前に向ける
  • 後ろ足(右足)のかかとは、浮かせて、反撃の準備をする
  • 体。おへそを正面に向かせる
  • 腰を「1cm」落とす

これで、強いパンチでも撃ち落とせますよ。

【上から】

右ストレートのパーリング 上から

【前から】

パーリング 右ストレートを前から
ちゃと

ディフェンスが上手いと、試合でも余裕を持って戦えます。

 

10:フックへの防御

 

しぼ男くん
じゃあ、フックはどうするの?
ちゃと
そうですね。では、下の絵を見てみましょう。
フックの払うところ

右腕で、相手の腕の曲がる部分を押すのです。

フックの払い方
ちゃと

これさえわかれば、後は簡単ですよね。

 

11:反復練習(ディフェンスの練習)

 

続いて「反復練習」。これはディフェンスの練習で「1分半、相手に同じパンチだけを打ってもらい、繰り返し防御すること」になります。

反復練習の相手の構え
ちゃと
最初は、左ジャブ。
反復練習 左ジャブの落とし方
ちゃと
続いて、右ストレート。
反復練習 右ストレートの落とし方
ちゃと
こうやって、繰り返すと、目が鍛えられるのです。
しぼ男くん
目? 何だ? それ?
ちゃと
では、目の作りを見てみましょう。

 

「奥から手前」に動かない「目」

 

目は「奥から手前」に動きません。だから、見たことがない人は当たってしまう。

目は奥行きの動きには弱い
ちゃと
これを繰り返し行うから、目が鍛えられます。

ちなみに「上下左右」には、動きますよね。だから、早い車も落ちてくるものも、ほとんどの人が目で追えるのです

目は縦横に動く
目は横に動く
ちゃと
まあ、首も動きますからね。
首が上下に動く
首が左右に動く

 

12:「パンチを出すサイン」を探す

 

「パンチを出すサイン」を探すことも大事。このサインとは「攻撃を出す前に、行う何か」。私の経験上、次の2つが多いですね。

  • 肩やひじが動いてしまう
  • 目に力が入る

 

これを反復練習で探すのです。

 

①:肩やひじが動いてしまう

 

とても多いのが、肩やひじが動くこと。相手の全体を見ましょう。

相手のくせ その1 どこかが動く

 

②:目に力が入る

 

意外とわかりやすいのが、目に力が入ることです。「目は口ほどにものを言う」と昔から言われていますが、本当に分かります。相手のくせ その2 目が言っている

この2つを見抜くことで、余裕が生まれるのです。

 

13:左ボディの打ち方

 

そして、左ボディ。これは左足にかけた体重を使って、回ります。よく使う場面は「右ストレートの後、返す」ときですね。

左に体重をかける
右ストレートを打った後の体重のかけ方

こうすると、体が回転して打てます。

左ボディの打ち方
左ボディのコツ
  • 左足に乗った体重で、回転する
  • 脇はしめる
  • 相手のお腹を「刺す」ように出す
  • 両足のかかとは浮かせる
ちゃと
相手のお腹に「刺す」イメージが大事です。多くの人は「下から上」と勘違いしていますからね。

次の2つの絵で、違いを確認していきましょう。

刺すように打つ左ボディ
下から上に打つ左ボディ
ちゃと
読んでいるだけで、かなりうまくなった感じがするでしょう。

 

14:キックの軸足

 

キックの軸足の使い方も「回転」が大事。軸足とは「支えているほうの足」になります。

キックの軸足の回転の仕方
ちゃと
上からのイメージは、こちらです。
キック 足の運び 構え
キックの足の運び 上から 回っているところ
ちゃと
軸足を回転させると、体が回り、キックの威力が簡単に上がります。
キック 足の運び 横から 軸足が回っていない
キック 横から かかと回っている
ちゃと
攻撃は「回転」が大事だと、分かったはずです。

 

15:ほかの格闘技を見て、技術を盗む

 

ほかの格闘技を見て、技術を盗むと「あなただけの武器」になります。実は、先ほどのジャブでお話しした「拳・肩・頭を一直線上にする」ことも、左フックの「手の甲を見る」こともそうです。

ちゃと
ジークンドーを、キックボクシングで取り入れている人は、少ない。だから、あなただけが使えるわけです。積極的に取り入れましょう。

 

ほかの格闘技との違い

 

それでは、キックボクシングと似ている2つの格闘技と比較しましょう。

 

「K-1」と、ほとんど同じ

vs K-1の文字

まず、K-1とはほとんど同じです。細かいルールに違いはありますが、あまり気にすることはないでしょうね。

 

「ムエタイ」とは、ひじの攻撃があるかどうか

vs ムエタイの文字

タイの国技(こくぎ:日本でいう相撲みたいなもの)ムエタイですが、これはひじが使えます。ここがキックボクシングとの大きな違い。

ちゃと
ひじは鍛えなくても、強い攻撃ができるので、こわいですよね。

 

全身運動だから、細くなる

 

キックボクシングは、全身運動だから、細く引き締まります。飲み会などで、崩れかけた体型を、もとに戻せますよ。

ちゃと
筋肉は年齢に関係なく、鍛えられます。だから「やったもん勝ち」です。

 

ケガや骨折を防ぐ4つの方法

 

ケガや骨折を防ぐ方法は次の4つです。

  1. 無理をしない
  2. きちんと防具をする
  3. ディフェンス練習こそ、あなたを守る
  4. スパーリングではなく、マスボクシングを

 

健康を維持することも、重要ですからね。

 

1:無理をしない

大きな犬が寝ているところ

まずは「無理をしない」こと。大きな負荷がかかると、骨・筋肉を傷めます。

 

2:きちんと防具をする

鎧を付けた7人

きちんと防具をしましょう。特に足に着けるプロテクターを、つけることが大事です。

 

3:ディフェンス練習こそ、あなたを守る

野球の守備

ディフェンス練習こそ、あなたを守ります。なぜなら、打撃を防げば、傷めないから。先ほどお話しした「反復練習」をたくさん行いましょう。これで、ディフェンスが上達します。

 

4:スパーリングではなく、マスボクシングを

 

スパーリングではなく、マスボクシングを行いましょう。マスボクシングとは寸止めのスパーリングです。

 

相手と向かいあう経験こそ、強くする

キックボクシングの防御(カット)

相手と向かいあう経験こそ、あなたを強くします。サンドバッグ、ミット打ち、シャドーボクシングだけだと、うまくなるが、強くなりません。

しぼ男くん
でも、寸止めだから、意味がないんじゃ…。
ちゃと
では空手の黒帯の人は、どう思います? 寸止めですよ。
しぼ男くん
あ!

だからこそ、あなたもリングに上がる必要があるのです。

 

まとめ

 

キックボクシングは、30代から始めるにはいいスポーツです。なぜなら、個人で行うため「休みたいときに休めるから」。これがサッカーやバスケットボールでは、出来ませんよね。

さあ、迷いはいらない! あとは、あなた次第。さっそく、始めましょう。


2か月間で、人生を変える方法

 

ダイエットは、2か月間で出来る。

自分の体

ダイエットのプロから学べば、必ずあなたはやせて、人生が変わります。2か月間で、あなたの人生に「革命」が起きるのです。

小学校時代にデブで、クラスのスミで目立たないようにしていた私だから、あなたにお伝えできます。

私の話を聞いてください。絶対に、損はさせません。


コメントを残す