「50代でキックボクシングを始めたいんだけど」と思っているあなた。できます。何歳からでも、OKです。その理由が次の2つです。

50代でも大丈夫な理由
  • 体が硬くてもOK
  • 練習メニューを自分で組めるから、安心

さらに、メリットとデメリットをお話しします。

メリット
  • 自信がつく
  • 体が変わる
  • ストレス解消になる
デメリット
  • ケガ
  • お金がかかる

最後に、キックボクシングと似た格闘技との比較を説明します。これで、あなたは迷いなく、ジムに通えます。さあ、早速始めましょう。

50代でもキックボクシングは始められる!

 

50代でも、キックボクシングは始められます。何も心配しなくて、大丈夫です。

 

体が硬くてもOK

 

体が硬くても、出来ます。足が上がらなくても、問題ありません。

 

ハイキックはそれほど使わない

ハイキックが上がらない人

ハイキックはそれほど使いません。フォームが大きいので、カウンターを入れられます。

ちゃと
ただ、徐々に体を柔らかくし、あなたも使えるようにしましょうね。

 

練習メニューは自分で決める

チョイス

練習メニューは、自分で決めます。これが、50代でも始められるポイント。ボクシングジムに通っていたときに出会い、あなたと同じ50代で始めた人の言葉をご紹介します。

50代の人

ボクシングは、いつ休んでもいいから、やりやすいんだよ。サッカーやバスケなら、そうはいかない。走らないといけないことがあるからね。

ちゃと
なるほど、と思いました。あなたはまだ「言い訳」をするんですか?

 

縄跳びだけでもOK

縄跳びを飛ぶ姿

例えば、縄跳びだけでもOKです。3ラウンド、10分ほど飛ぶだけで、汗だくになります。

しぼ男くん
でも、飛び方がわからないよ。
ちゃと
では絵を使って、解説します。実は簡単。「片足で2回ずつ飛ぶ」をすると、長く飛べます。

 

左足で2回
縄跳び 右足
ちゃと
まずは3分間、1ラウンド飛んでみましょう。

 

シャドーボクシングだけでOK

ボクシングのシャドー

そして、シャドーボクシングだけでも、OKです。例えば6ラウンドなら、休憩をいれても、30分かかりません。ただ、効果的な練習に間違いないです。

 

スパーリングはしない。けど試合形式の練習はする

対面シャドー

スパーリングしなくても、試合形式の練習は出来ます。それが「マスボクシング」「対面シャドー」と呼ばれるもの。

まず「マスボクシング」はグローブを付けて、当てずに試合する練習。「対面シャドー」は、シャドーボクシングを向かい合って行う練習。これでも、十分に強くなります。

 

向き合うことだけが、強くなる方法

 

格闘技全てに共通すること。それが「相手と向き合う練習だけが、強くなること」です。サンドバッグやミット打ちでは、上手くなるが、強くなりません。これは私の体験からも分かるし、トレーナーからもよく言われていました。

だから、寸止めでも、強くなるのです。

 

3つのメリット

 

それでは、キックボクシングのメリットをご紹介しましょう。具体的に、次の3つです。

メリット
  • 自信がつく
  • 体が変わる
  • ストレス解消になる

これで、あなたはやりたくなります。

 

1:自信がつく

スーツを着て、ポケットに手を入れている姿

まずは、自信がつきます。技術が身につき、パンチ力が上がる。この成長が、あなたに自信を付けてくれます。

 

2:体が変わる

筋トレしている女性

次に、体が変わること。私もボクシングを始めて少しすると、肩幅が広くなり、シャツを綺麗に着られる体になりました。

 

3:ストレス解消になる

男性のキック

最後に、ストレス解消。実際に「殴る・蹴る」のでピッタリです。スカッとしますよ。

 

2つのデメリット

 

メリットがあれば、当然、デメリットもあります。具体的には次の2つです。

デメリット
  • ケガ
  • お金がかかる

これも、確認しましょうね。

 

1:ケガ

倒れて運ばれる人生

最初はケガの心配。殴る・蹴るので、殴られ、蹴られます。当然、その可能性は高くなる。

ちゃと
治りも遅いですからね。

 

2:お金がかかる

たくさんのお金

続いて、お金がかかること。ジムの入会金や会費だけでなく、グローブ、マウスピースや、ヘッドギア。また、練習着なども必要になります。

ちゃと
ただ、これくらいの出費は大丈夫でしょう。

 

3つの格闘技との違い

 

では、ほかの格闘技との違いも見ていきましょう。具体的には、次の3つです。

  1. K-1
  2. ムエタイ
  3. ボクシング

 

これで、あなたは迷わず、勧めます。

 

1:K-1とキックボクシングは同じ

キックボクシングで蹴りを入れていること

まず「K-1」と「キックボクシング」は同じです。

ちゃと
細かいルールは違いますが、一緒と考えて問題ありません。

 

2:ムエタイとの違いは「ひじを使うかどうか」

ひじの絵

ムエタイとの大きな違いは「ひじを使うかどうか」です。

2つの違い
  • ムエタイ…ひじの打撃があり
  • キックボクシング…ひじの打撃がなし
ちゃと
そのほかに「クリンチの時、ひざ蹴りを出せる回数」もありますが、考えなくていいでしょうね。

 

3:ボクシングという手もある

女性がボクシンググローブにキスしている

最後に、私がやっていたボクシング。これも、おススメです。

ちゃと
すいません。やっぱりやってほしいですね。

 

ジムは、ボクシングのほうが多い

グーグルマップの目的地

ボクシングジムは、キックボクシングよりも多いです。より通いやすいですね。

 

蹴りがあるので、キックボクシングのほうが強い

飛び蹴り

ただ、格闘技としてはキックボクシングが強いです。なぜなら、蹴りがあるから。キックに関して、ボクサーは素人。だから、強さは確実に上です。

 

うまくなるスピードは、ボクシングのほうが速い

パンチグローブ

その代わり、ボクサーは拳しか使わないので、うまくなるスピードは速いです。「パンチだけ」と「パンチもキックも」練習するのでは、変わりますよね。こういう違いもあるのです。

 

まとめ

 

50代でキックボクシングを始めるあなた。尊敬します。私も少しだけ、キックをやっていましたが、正直怖かったですね。あの威力を実際に受けると、本当に衝撃です。パンチの3~5倍の威力がありますからね。

さあ、もう迷いはない。あとは、あなた次第ですよ。


あなたがやるべきこと

デブと自分の体

 

 

あなたは「このサイトの情報だけで、本当に痩せるのか」と不安を感じている。なぜなら「実際に痩せているのは私だけ」で実績がないから。そこで「やるべきこと」をお話しします。

①:実績ある「パーソナルトレーニングジム」に行く

②:ジムに通う間「このサイト」などで、正しい情報を取り入れる

③:通った後は、その情報で、あなた自身ダイエットを続ける

ここで、さらに2つの不安が出てきます。

 

〇「ジムの料金【30~40万円】を払う価値があるのか」

 

〇「リバウンドしたら、どうするのか」

 

当然、この不安も解決します。「痩せたい」「ダイエットしたい」あなたの願いは、必ず実現できる。こちらから、どうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA