「子供におススメの格闘技って、何かな?」と思っているあなた。

  • 私自身ボクシング歴が10年
  • 息子が空手を6年間やっている

 

この経験から、おススメは空手、剣道、ボクシングです。理由は次の3つになります。

  • 安全性がある
  • 体へのいじめに対応できる
  • 色々な友人ができる

 

さらに、礼儀について。個人差があるので、長い目で見てあげましょう。

そして「殴るのが痛い」と分かる大事さ。「実際の攻撃を、体でわかる経験」が、大きい点を説明します。

これで、あなたは「何を見るべきか」わかるはず。さあ、早速見ていきましょう。

おススメは空手、剣道、ボクシング。その3つの理由

 

子供におススメの格闘技は、空手、剣道、ボクシングです。その理由は、次の3つです。

  • 安全性がある
  • 体へのいじめに対応できる
  • 色々な友人ができる

 

では、1つずつ見ていきましょう。

 

1:安全性がある

クライミングの安全性

まずは、安全性が・・

なぜ子さん
待て待て! ボクシングのどこが安全なの!
 

ちゃと
はい、小さい子は「シャドーボクシング部門」もありますよ。
なぜ子さん
え? なにそれ?

ボクシングにもジュニア競技があります。そこでは「空手の形(かた:演武)」のような、シャドーボクシングで綺麗なフォームを競うものを行います。

また剣道は防具を付けており、ある程度の攻撃に耐えられる。さらに、空手は寸止め(すんどめ)で当てないものが多い。(これを伝統空手と言います。)

ちゃと

親として、ここが1番大事ですよね。

 

2:体へのいじめに対応できる

少年が座っているところ

続いて、体へのいじめに対応できる点です。

なぜ子さん
え? 剣道とかも?
ちゃと
はい、経験者から、話を聞いたことがあります。

剣道は、短い棒を持つだけで、相手が近づけないと言います。それほど、間合い(相手との距離)を支配できる。

ちゃと
警察学校でもやっていますしね。「護身(ごしん:身を守る方法)」として、効果があります。

 

有名なものだから、抑えることができる

抑圧する手

私の息子は「空手」を6年やっています。だから、同級生から「強い」と思われています。これが、いわゆる「抑止力(よくしりょく)」です。

その代わり、知らないものだと、この力が働かないかも知れません。「よくわからないから、殴っても大丈夫」と思うのです。

例えば、クラヴ・マガというイスラエルの軍事格闘技を知る小学生は、ほとんどいません。

なすび屋さんのチャンネルより

だから、強いのに、暴力を受ける危険性があるのです。

 

3:色々な友人ができる

色々な友人

最後に、色々な友人ができる点。これは、スポーツ全てで言えること。違う小学校、違う学年の友人は、少年時代に色々な影響を与えます。「すべて、素晴らしい経験」とは言えませんが、学ぶチャンスは多い方がいい。

私もミニバス(小学校のバスケットボールチーム)で、他の学校の友人が出来ました。充実した時間でしたね。

 

礼儀は、確実に手に入るものではない

 

ただ、礼儀は、確実に手に入るものではありません。

 

空手をやっている息子の礼儀は、あまりない

空手をしている子供

例えば、息子は空手を6年間続けていますが、礼儀はあまりないです。

なぜ子さん
なんか、3つの中で1番身につきそうだけど
ちゃと
そうですよね。私も期待していたんですが。

 

ボクシングでも、先輩後輩がある

ボクシンググローブ

その代わり、ボクシングでも先輩後輩があるので、礼儀が身につくこともあります。

ただ、昔の「日本特有の悪い上下関係」があることも事実。このように、いい面と悪い面があるため「絶対に礼儀が良くなる」とも言えません。

 

殴る・叩くのが痛いとわかる大事さ

 

ボクシングの拳、剣道の竹刀、空手の蹴りなど、痛いとわかる大事さが、実は大きな経験となります。

 

暴力がダメであるイメージがはっきりと分かる

家庭内暴力

殴られる、蹴られる、叩かれると痛いです。だから、ダメだと、はっきり分かります。当たり前です。いくら口で言っても分かりません。

ただ、暴力だとトラウマ(強烈な体験から、それが怖くなること)になることも考えられます。

しかし、スポーツなら「ルールの中で」行われる。さらに、どちらも「殴る・蹴る」ことが許される。だから、トラウマにはなりにくい。

ちゃと
この経験が、大きなものになるはずです。

 

強い攻撃を受けると分かる「練習量」

ボクシンググローブにキスしている
なぜ子さん
でも、トラウマにならないって、なんで言えるの?
ちゃと
それが「練習量」を感じ取れるからです。

例えば、私は「日本ランカー」や「アマチュア日本一」とスパーリング(殴り合う、試合形式の練習)の経験があります。このとき、手に取るように感じました。

ちゃと
だから、ボクシングの試合で、つい数秒前まで殴り合った相手と、抱き合えるのです。お互いの「積み重ねた時間と労力」が、体で感じるためですね。

 

安全な殴り合いは、素晴らしい果がある

ダイヤモンド

つまり「安全な殴り合い」は、素晴らしい効果があります。これは剣道でも、空手でも。だから、やらせるべきなのです。

 

やるのは子供

 

そして、大事なのは「やるのは子供」ということ。だから、お子さんが選ぶことも大事なポイントになります。

ちゃと
剣道やボクシングでなくても、OKですよ。

 

格闘技だけではない

バスケットボール

これを言うと「え?」と思うでしょうが、格闘技以外でも、お子さんが選ぶならOKです。

私も小学校3年の時、138㎝、48kgのデブでした。体育の時、マット運動で前転もできない運動音痴で、恥ずかしい思いを何度もしました。

そこから、先ほどお話ししたミニバスを始めると、自然と痩せていき、選抜チーム(各学校の上手い選手だけが選ばれるチーム)のメンバーになったのです。

こういうことが、あなたのお子さんに起きる可能性も十分ある。だから、子供自身が選び、やらせるのも、一つの手です。

 

まとめ

 

子供にやらせるなら、今後の人生に役立ててほしいですよね。親としては「学校へのいじめ」「礼儀」と言った点に目がいきがち。でも「痛みを感じる心の強さ」こそ、本当は大事です。それが、この3つで手に入る。さあ、子供と一緒に考えてみましょう。やるのは、お子さんですからね。


2か月間で、人生を変える方法

 

ダイエットは、2か月間で出来る。

自分の体

ダイエットのプロから学べば、必ずあなたはやせて、人生が変わります。2か月間で、あなたの人生に「革命」が起きるのです。

小学校時代にデブで、クラスのスミで目立たないようにしていた私だから、あなたにお伝えできます。

私の話を聞いてください。絶対に、損はさせません。


コメントを残す