「子供の習い事に、空手ってどうかな?」と思っているあなた。

ちゃと
私も同じでした。

息子が6年間やっています。その体験を全て、お話ししましょう。

さらに、2種類の空手と、道場の異動が難しいことも、お話しします。最後に、剣道や柔道など、別の「道」もご紹介しましょう。さあ、まずは私の体験談に、耳を傾けてください。

良かった5つの点

 

私が良かったと思う点は、次の5つです。

  1. 子供に自信がついた
  2. 成果が目に見える
  3. 学校以外の友人ができた
  4. 体へのいじめには、ある程度跳ね返せる力を持てた
  5. 親に夢を見させてくれた

 

それでは、1つずつお話しします。

 

1:子供に自信がついた

少女の笑顔

まず、子供に自信がつきました。「6年も打ち込んできた想い」が、親の目からも分かります。

親の目から見ると
息子は、同じ年代の中で、1番下手でした。進級(うまくなると帯の色が変わっていき、級も上がること)も遅くて、私たち親も、悔しい思いを感じていました。

ただ、ほかの子供が、1度の挫折(ざせつ)で止めていく姿も、同時に見てきたのです。そして、息子だけが残り、黒帯への挑戦を手にしています。

この「続けてきたこと」が、彼に大きな自信を与えています。とてもよかったなと、本当に感じているのです。

 

2:成果が、帯の色でわかる

色々な色

続いて、成果が、帯の色でわかる点。これはいいですね。「しっかりした練習をすれば、うまくなること」が、目で確認できる。やる気も出てきます。

 

3:学校以外の友人ができた

像と友達

学校以外の友人ができるのも、いいですね。

ちゃと
私もミニバス(小学校のバスケ)をしている時に、別の学校の生徒と友人になりました。これは本当に素敵な思い出で、子供にも経験してほしいと考えていました。その願いが叶ったわけですね。

 

4:体へのいじめに関して、跳ね返す力を持てた

猫の喧嘩

空手なので、当然、強くなります。これで「体へのいじめ」には、ある程度、跳ね返せると思っています。

ちゃと
ただ「精神的ないじめ」もありますから。親として、引き続き気を付けます。

 

5:親に夢を見させてくれた

女性が寝転がって、思いにふける

最後に「大会で賞状やメダルを受け取る」という、夢を見させてくれました。

先ほどもお話しした通り、息子は、本当に下手でした。当然、大会でも、1回戦負けが続きます。

ほかの子供は「メダル、賞状」をもらっている中、私たちは逃げるように帰ってきました。

「1回でいいから、表彰されるところを見たい」とやはり思いは強くなります。しかし、息子に変なプレッシャーを与えないよう、何も言わずにいた。

ちゃと
そして、小学校3年の時に、はじめて賞状をもらいました。本当に嬉しかったですね。

子供があきらめず、やり続けたからだと思っています。

 

悪かった6つの点

 

続いて、悪かった点。これは、次の6つです。

  1. お金がかかる
  2. 教えてくれない
  3. 厳しい指導者もいる
  4. 試合で「え?」という結果がたくさんある
  5. ほかの子供との比較が簡単にできる
  6. 子供が泣くほど悔しい場面がある

 

こちらも体験談ですから、しっかりと見ていきましょう。

 

1:お金がかかる

札束
ちゃと
まず、お金がかかります。思い浮かぶだけでも、これだけあります。

1:道着
2:帯
3:会費
4:大会の料金
5:審査(帯が上がる)をうける料金
6:個人レッスン
7:合宿の料金

 

早速、1つずつ見ていきましょう。

1:道着

まず道着ですが、実は形(かた)とよばれる演武(えんぶ)と、試合のような組手(くみて:対戦試合のようなもの)で、着るものが違います。形道着は13,000円ほど。合計20,000円以上。

2:帯

帯は上がるたびに、2,000円かかります。色は全部で7種類。合計14,000円

3:会費

月の会費は5,000円。

4:大会の料金

大会の料金は、その会ごとに違いますが、数千円かかります。ただ「形」と「組手」、両方出ると、倍になることもありますね。

5:審査、6:個人レッスン

審査の料金は1回3,000円。この審査に必要な「形」「移動基本」「組手」の3つで「どこを審査基準として見るのか?」を知るために、個人レッスンを受ける必要もあります。これも1回ごとに3,000円かかります。

7:合宿料金

合宿に行くなら、そのお金もかかります。1万円以上はかかりましたね。

しぼ男くん
え?「5」と「6」は、普通の練習で、教えてくれないの?
ちゃと

はい。子供が通う道場では、教えてくれません。

しぼ男くん
本当? そんなのあり?
ちゃと

いや、そうなんですよね…。ただ、子供のために…と考えてしまうのです。

 

 

2:教えてくれない

ゴリラがよそ見している

先ほどもお話しした通り、教えてくれないことも多いです。特に子供が行く教室は70人以上で、指導者はわずか2人。鏡もない中、ただ「形」をやる練習です。

ちゃと

本当「何のために来ているの」と思ってしまいます。

 

 

3:厳しい指導者もいる

オンラインでの指導

実は、別の道場の練習を、公共体育館で見たのですが、小学2年生に「ここまで厳しくするか」と言うのを目にしたことがあります。このように、厳しい指導者もいて、子供が耐えられない可能性もある。この点も気を付けないといけません。

 

親も大変

赤ん坊を見ている両親

その道場は、親も練習に付き合います。ペットボトルと棒を使った「手作りの道具」をもって、蹴りの練習を付き合ったり、形の指導を親自身がしたりします。

ちゃと

「うちは楽だな」と正直、思ってしまいました。

 

 

4:試合で「え?」という結果がたくさんある

ボクシングでカンガルーが勝った試合

実は、空手では「え?」という試合結果がたくさんあります。

例えば、形で次の2人が対戦したとき

どっちが勝つと思います?
  • 難しい形をしている茶帯(3級)」の見た目、素晴らしい形
  • まだ初めて間もない黄色帯(8級)」の見た目、それほどでもない形

これで、黄色帯の子が勝つことも、たくさんあります。

息子がこれまで出場した大会で、必ずあること。これで、悔しい思いを何度もしてきました。

 

5:ほかの子供との比較が簡単にできる

双子が向き合っている姿

そして、ほかの子供との比較が、簡単に出来ること。「帯の色」「練習の勝敗」「大会の成績」。個人で行うため、簡単にわかってしまう。

ちゃと

先ほどもお話しした通り、息子だけ帯が変わらず、一緒に練習している子供が、どんどん上がるのを見てきました。

ちゃと
親の力が足りないのかと、本当に悔しくて、ずっと悩みましたよ。

 

6:子供が泣くほど悔しい場面がある

泣く人

先ほどと関係しますが、帯の色が変わらなかったある時、子供も悔しくて声を上げて泣き叫んだことがあります。その時は、本当につらかったですね。親の「無力感」を感じました。

ちゃと

「止めてもいいよ」と言うしか、できなかったですね。

 

期待していたけど、得られなかったのは「礼儀作法」

 

実は、あなたも、そして、私も期待している「礼儀作用(れいぎさほう」は手に入りません。

 

道場にもよるが、息子は手にしなかった

熊が帽子を脱いだ姿

先ほどお話しした「厳しい道場」なら、手に入ったかもしれません。ただ、うちの息子の礼儀は、ほかの同級生と同じです。

ちゃと

挨拶も積極的ではないし。返事も普通ですね。まあ「親への反応」だから、当然でしょうが…。

 

礼儀が完璧な子供は、やはりおかしい

子供同士が抱きしめている

これは、私個人の意見ですが、礼儀が完璧な子供は、おかしいです。なぜなら「子供らしい」のが、1番自然だから。

例えば「あいさつ」「親の宿題」など大人の指示に、全て行儀よく行う子供をイメージしてください。明らかに「気持ち悪い」ですよね。

ちゃと

まるで「ロボット」。心を持たないようです。

子供の礼儀は、少しずつ作られるもの。だから「小さい時は、礼儀がなくても仕方ない」と、私は考えています。

 

子供教室は、伝統空手(でんとうからて)がほとんど

 

子供がやるのは、ほとんど「伝統空手」と呼ばれるものです。この伝統空手とは「あなたがイメージしている空手」と考えて問題ありません。

 

伝統空手とは、形と組手がある「The 空手」

女子の空手の形

伝統空手とは、先ほどもお話ししましたが「形」と「組手」があります。この2つを知っている人も多いはず。

そして、組手は攻撃を当てない「寸止め(すんどめ)」になります。

ちゃと

だから、子供にピッタリです。

 

攻撃を当てる(フルコンタクト)空手もある

空手の組手

空手には、攻撃を当てる「フルコンタクト」空手もあります。有名なのは、極真(きょくしん)空手。これも、少年の部があり、当然、通えます。

ちゃと

ただ親としては「やっぱり、当てるのって…」と思いますよね。

 

伝統空手は、道場の異動がかなり難しい

 

ここで、1つ豆知識ですが、伝統空手の「道場の異動」はかなり難しいです。これはママ友、パパ友から聞いた話。ぜひ、参考にしてください。

 

異動とは師範に「あなたの指導はおかしい」と言うのと同じ

もじゃもじゃな男が怒っている顔

空手には、昔ながらの考えが残っています。その1つに、師範(しはん:道場のトップ)の力がとても大きく強いこと。

道場を異動することは、この「師範の教え」に「おかしいとケンカを売る」のと同じです。なぜなら、ほかの師範のほうが、うまくなる、強くなると言っているから。

ちゃと

かなり失礼な話ですよね。

 

私が聞いた噂

耳と口

そして、私が聞いた噂をご紹介しましょう。

このような噂があります
  • 止める時、ほかの道場に行かないよう誓約書(せいやくしょ:約束を取り決める書面)を書かされた。
  • ほかの道場に行くために、半年ほど、大会に出場できなかった
ちゃと
どうでしょうか? だから「慎重に」決めることが大事です。

 

剣道や柔道なども考えてみるのもアリ

 

そのほかなら「剣道」「柔道」を考えるのも、アリです。

しぼ男くん
え? でも、何が違うの?
ちゃと

まあ、剣道も柔道も知っている人がほとんどなので、競技については、お話ししません。

その代わり、団体の違いを説明しましょう。

 

空手は色々な団体があるが、剣道や柔道は1つしかない

ひげオヤジの顔

空手には色々な団体があります。流派(りゅうは)と呼ばれるものも、本当にたくさんある。しかし、剣道や柔道は1つしかない。つまり、オリンピックなど、大きな大会につながりやすいという点があります。

 

どちらがいいとも言えない理由

悩む男性
しぼ男くん
え? 最強じゃん!
ちゃと

それが、そうとも言えません。

こういった1つだけに、お金も権力も集中させると、当然、変なことも出てきます。ワンマン(自分の意見だけ通す人)会長が、お金を使いこんだり、不正な審査をしたりと。

ちゃと

この話は、あくまで例え。剣道や柔道の団体が、このようなことを行っているわけではありません。

ただ、1つの団体に集中させるのも、絶対にいいとは言えないのです。

こういった見方も、1つの考えですよね。

 

まとめ

 

私は息子に空手をやらせて「よかったな」と思います。

辛かったし、お金もかかるし、自由な時間も無くなるが、子供の成長を実感できるのが、親として嬉しい。

あなたも、私の言葉を「1つの意見として」よく考えてみてください。


あなたがやるべきこと

デブと自分の体

 

 

あなたは「このサイトの情報だけで、本当に痩せるのか」と不安を感じている。なぜなら「実際に痩せているのは私だけ」で実績がないから。そこで「やるべきこと」をお話しします。

①:実績ある「パーソナルトレーニングジム」に行く

②:ジムに通う間「このサイト」などで、正しい情報を取り入れる

③:通った後は、その情報で、あなた自身ダイエットを続ける

ここで、さらに2つの不安が出てきます。

 

〇「ジムの料金【30~40万円】を払う価値があるのか」

 

〇「リバウンドしたら、どうするのか」

 

当然、この不安も解決します。「痩せたい」「ダイエットしたい」あなたの願いは、必ず実現できる。こちらから、どうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA