「夜、運動すると、ダイエットできるのかな?」と思う人は多いです。時間が取れますからね。

まず、朝でも夜でも、問題ありません。継続できる時間帯であれば、大丈夫。

やせ男くん
でも、夜の運動の特徴を知りたい。

そこで、メリット、デメリットをお話しましょう。

メリット
  1. 運動だけに集中できる
  2. 体が動きやすい
  3. ジムなどに行きやすい
デメリット
  1. 仕事の疲労がある
  2. 忙しいとできない

さらに、気を付けるタイミングが3つあります。

  1. 寝る2時間前まで、に行う
  2. 運動前に、ご飯など主食を終わらせる
  3. 運動後に、タンパク質などを取る

 

これで、心置きなく運動できます。

さらに、防犯について。暗い道は危ないですからね。その対策もお話しましょう。これで、あなたは夜空へ駆け出せます。さっそく読み進めましょう。

運動は朝でも夜でも問題ない

 

運動は、朝でも夜でも問題ありません。なぜなら、続けられる時間帯が1番いいから。

 

継続できる時間帯が1番

 

運動しない人の多くは、言い訳をします。

言い訳

「忙しくて、時間が取れない」

「朝は色々やることがあるから、無理」

「今日は、出かけたから、もう運動はいいかな」

これなら、失敗は当然です。だから、出来る時間帯が「夜」なら、その時に体を動かしましょう。

 

3つのメリット

 

それでは、夜行うメリットを3つご紹介しましょう。

3つのメリット
  1. 運動だけに集中できる
  2. 体が動きやすい
  3. ジムなどに行きやすい

1つずつ確認します。

 

1:運動だけに集中できる

サングラスに運動の文字

夜なら、運動だけに集中できます。仕事や家事など、全く考えなくていい。後は、寝るだけですからね。これは大きなメリット。

私は朝にやっていますが、仕事中、やはり疲労を感じます。夜なら、これがない。素晴らしい点です。

 

2:体が動きやすい

ダイヤモンド 輝き

夜は体が動きやすいです。仕事や学校が終わって、体も自然と準備が出来ている。これもいい点ですよね。

 

3:ジムなどに行きやすい

GYMに行く人

夜なら、ジムに行きやすいです。仕事帰りに寄ることも出来ます。

今は24時間営業のジムが増えましたが、近所にない人も多いはず。この点も魅力です。

 

2つのデメリット

 

続いて、デメリットを2つご紹介しましょう。

2つのデメリット
  1. 仕事の疲労がある
  2. 忙しいとできない

この点を無くす対策も説明します。

 

1:仕事の疲労がある

男性が仕事しているところ

仕事の疲労があるのは、仕方ありませんよね。体・心の疲労があるため、足が遠のくこともあります。

ちゃと
しかし、こんな時こそ、運動があなたの力になります。

 

運動すると、ストレス解消になる

ストレスの取り消し

運動すると、ストレス解消になります。これは、ドーパミンと呼ばれるホルモンの力。体を動かすと「スカッ」としますよね。

ちゃと
心の疲労は、運動で取り除くべきです。

 

良く眠るための、運動の力

ベッドに睡眠の文字

運動すると、体の疲労がより多く出ます。そして、心はスカッとする。これで、よく眠れる準備が出来ます。

あなたの今、感じている疲れは、睡眠の質が原因かもしれません。だから、運動で改善しましょう。

 

2:忙しいとできない

忙しい男性

仕事が忙しいと、運動できません。激務だと、残業も続きますからね。

 

家で出来る運動で、時間も節約する

3つの時計とフィルム

そこで、家で出来る運動をしましょう。ジムに行く時間や準備の必要がありません。

例えば、筋トレ。私はプリズナートレーニングという本に載っている自重(じじゅう)トレーニングを行っています。この「自重トレーニング」とは、自分の体重を使って行うもの。そして、1回6秒で行えます。

6秒の使い方
  1. 2秒で動く
  2. 1秒キープ
  3. 2秒で戻す
  4. 1秒キープ

これなら、20回行っても、たった2分で終わる。

また、筋肉を大きくする(筋肥大:きんひだい)には、20回で限界を迎えるトレーニングがいいと言われています。

つまり、たった2分で、あなたの筋肉は成長できるのです。

 

気を付ける3つのタイミング

 

次に、気を付けるタイミングを3つ、ご紹介しましょう。

気を付けるタイミング
  1. 寝る2時間前まで、に行う
  2. 運動前に、ご飯など主食を終わらせる
  3. 運動後に、タンパク質などを取る

夜だからこそ、気を付けるポイントです。

 

1:寝る2時間前まで、に行う

2-hours-agoの文字

寝る2時間前までに行いましょう。運動した直後は寝にくくなります。

これは、アドレナリン、ノルアドレナリンと呼ばれるホルモンの力。聞いたことがある人も多いはず。これは興奮作用もあります。

また、このホルモンは「有酸素運動」や「全力を出す運動」で出ます。こちらに、論文の証明があります。

〇カテコールアミンの働き

脂肪動員の引き金になるのは、アドレナリンやノルアドレナリンなどの、カテコールアミンとよばれるホルモンである

脂肪の代謝とその調節 ―からだのエネルギーバランス―

〇 有酸素運動

また,(有酸素運動の)連続法では運動中の血中アドレナリン,ノルアドレナリン,成長ホルモン,遊離脂肪酸およびグリセロール濃度が増加し,濃度の低下が認められた.

間欠的な有酸素運動における運動中および運動後の酸素摂取動態

〇 全力を出す運動

血漿A(アドレナリンの濃度)は70~90%(運動)強度で急激に増加したのに対して

運動強度の増大に対する心拍数および血漿力テコールアミンの応答

 

アドレナリンとノルアドレナリンは70%VO2MAX(運動の強さ)の場合に、運動60分後と2時間後で他の条件に比べ(30%~60%の運動の強さ)約2倍もの濃度差が認められた

運動強度と運動時間から見た脂質代謝特性

2時間前に終わらせて、睡眠に備えましょう。

 

2:運動前に、ご飯など主食を終わらせる

米、パン、麺の文字

運動前に、ご飯など主食を終わらせましょう。運動した後では脂肪になりやすいためです。少しの違いが、大きな差になります。

 

3:運動後に、タンパク質などを取る

肉、魚、卵の文字

運動後に、タンパク質を取りましょう。これで、筋肉の回復が早くなります。

トレーニングすると、筋肉の繊維(筋繊維:きんせんい)が切れます。これを回復させる材料がタンパク質。だから、トレーニングした後に取れば、回復が早くなり、疲れも取れやすくなります。

あなたの理想の体に近づけましょう。

 

5つの防犯対策

 

今は、日本でも安全だと言いきれません。そこで、防犯について、5つお話しましょう。

  1. 家のトレーニングを行う
  2. 人通り、車通りの多い道を使う
  3. 反射材を使う
  4. ブザーやストックなど、身を守れるアイテムを使う
  5. シャドーボクシングで、そもそも強くなる

 

あなたの身の安全が、最も大事です。

 

1:家のトレーニングを行う

家の絵

家なら、そもそも「危ない人」に出会いません。天気の心配もなく、おススメですよ。

ちゃと
先ほどお話した通り、私も、家で筋トレしています。

 

2:人通り、車通りの多い道を使う

3人と2台の車

外で行うなら、人通り、車通りの多い道を使いましょう。走ったり、歩いたりすると「車が多くて危ないかも?」と思う人も多いはず。

ただ、犯罪は人通りの少ない道の方が、明らかに起きやすいです。交通ルールをきちんと守り、大きな道、人や車が多い道を使いましょう。

 

3:反射材を使う

光の反射

車や自転車に乗る人が分かりやすいように、ライトが当たったら光る「反射材」を使いましょう。これで、あなたの存在を、教えるのです。

 

4:ブザーやストックなど、身を守れるアイテムを使う

ブザーとストック

ブザーを持ち歩くことも大事ですね。何かあった時に、すぐ使えるようにしましょう。

また、ウォーキングなら「ストック」を使うのもおススメ。運動の効果も上がりますよ。

 

5:シャドーボクシングで、そもそも強くなる

MuscleWatchingのチャンネルより

シャドーボクシングで、そもそも強くなるのも手です。私もボクシング歴10年で、シャドーしていたら、ほとんどの人は消えています。

 

いい睡眠を取る3つの準備

 

いい睡眠を取るには、準備が必要です。ここでは、3つお話しましょう。

  1. 運動後のストレッチをしっかりと
  2. テレビ、スマホを使わない
  3. リラックスする

 

熟睡は、体も心も回復させます。

 

1:運動後のストレッチをしっかりと

 

石井亜美AmiIshiiさんのチャンネルより

運動後のストレッチをしっかりしましょう。これで、体の疲れ、重さ、だるさが無くなります。さらに、睡眠の質も改善できる。

ちゃと
私は20年以上、寝る前の20分間行っています。朝起きたとき、全く違いますよ。

 

2:テレビ、スマホを使わない

タブレット、パソコン、スマホの画面

テレビ、スマホは使わないようにしましょう。画面から出るブルーライトの刺激は、かなり強いです。目からの刺激は、脳を起こしてしまう。寝る前は、触らないことです。

 

3:リラックスする

relaxの文字

リラックスすることが大事です。例えば、寝る前の30分間は自分の時間にする。これだけで、自分自身と向き合い、心が穏やかになります。ぜひ、やってください。

 

まとめ

 

夜だけでなく、運動は、いつでも効果が出ます。

ただ、気を付けることもある。そこが分かれば、何も怖くありません。不安は無くなったはず。後は実行だけですね。


2か月間で、人生を変える方法

 

ダイエットは、2か月間で出来る。

自分の体

ダイエットのプロから学べば、必ずあなたはやせて、人生が変わります。2か月間で、あなたの人生に「革命」が起きるのです。

小学校時代にデブで、クラスのスミで目立たないようにしていた私だから、あなたにお伝えできます。

私の話を聞いてください。絶対に、損はさせません。


コメントを残す