「ダイエットに効果的なスポーツって、無いかな?」と思うあなた。

  1. 強さ
  2. 時間
  3. 手軽さ

 

の3つを使って、「やせやすさ」を表にまとめました。これらが、ダイエット効果に必要な理由もお話します。

また、スポーツの「プラス面」「マイナス面」。運動が苦手な人へおすすめのスポーツ。さらにスポーツジムとの比較をお話します。

もう迷いはありません。あとは、あなたが読んで、納得して、動くだけです。

ダイエットに効果的なスポーツの一覧

SPORTS DIET RANKINGの文字

ダイエットに効果的なスポーツを上位から、お伝えします。

1位~8位

①:43,800 pt テニス

②:34,800 pt ロッククライミング

③:27,000 pt バスケットボール(試合)

④:24,000 pt ヨガ

④:24,000 pt バスケットボール(練習)

⑥:22,500 pt ソフトボール・野球

⑦:21,600 pt ゴルフ

⑧:21,000 pt スケート

⑧:21,000 pt 散歩

⑧:21,000 pt サッカー

11位~20位

⑪:18,000 pt 歩行

⑫:17,400 pt クロール(水泳)

⑬:14,400 pt スキー

⑭:13,500 pt 水中歩行

⑮:12,000 pt バレーボール

⑯:9,000 pt サーフィン

⑰:6,600 pt ボクシング(サンドバッグ)

⑱:4,800 pt  ラクロス

⑲:4,600 pt  ストレッチ

⑳:3,840 pt  ボクシング(リング上)

3つの基準がダイエットに大事な理由

 

基準は、この3つが大事です。

3つの基準
  1. 強さ
  2. 時間
  3. 手軽さ

まず、スポーツを使うカロリーは、この式になります。

数式

スポーツで使うカロリー=

  • 【運動の強さ(メッツ)】×
  • 【運動の時間(時間)】×
  • 【体重(kg)】×1.05
なぜ子さん
なるほど、これで、

  1. 強さ
  2. 時間

とダイエット効果に関係あることは分かったわね。

ちゃと
そして、この運動の時間を、1か月や1年間という大きな期間で見ると「手軽さ」がカギになります。

例えば、こちら。

  • 1週間に1回
  • 1週間に3回
  • 毎日出来る
  • 冬しかできない
  • ジムに行かないとできない

 

なぜ子さん
なるほど。1回あたりの時間だけでは、ダメってことね。
ちゃと
まさに、その通り。回数が多ければ、それだけ使うカロリーも大きいですからね。

つまり「手軽さ=回数」であり、これがポイントにもなる。だから、この3つを選んだのです。

 

1:強さ(メッツ)

運動の強さ=Mets

運動の強さは、簡単にいうと「きつさ」です。きつい方が、当然使うカロリーが多くなります。ちなみに、この順番に並び替えた表を乗せておきます。これは、改訂版『身体活動のメッツ(METs)表』にて、引用したものです。

1位~10位

①:12.8 Mets ボクシング(リング上)

②: 8 Mets バスケットボール(試合)

③: 8 Mets ラクロス

④: 7.3 Mets テニス

⑤: 7 Mets スケート

⑥: 7 Mets サッカー

⑦: 6 Mets スキー

⑧: 6 Mets バスケットボール(練習)

⑧: 5.8 Mets クロール

⑩: 5.8 Mets ロッククライミング

11位~20位

⑪: 5.5 Mets ボクシング(サンドバッグ)

⑫: 5 Mets 野球・ソフトボール

⑬: 4.8 Mets ゴルフ

⑭: 4.5 Mets 水中歩行

⑭: 4 Mets ヨガ

⑯: 4 Mets バレーボール

⑰: 3.5 Mets 散歩

⑱: 3 Mets 歩行

⑲: 3 Mets サーフィン

⑳: 2.3 Mets ストレッチ

 

国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 改訂版『身体活動のメッツ(METs)表』より

上位には、ボクシング、バスケットボールなど、常に動くスポーツが並んでいますね。

 

2:時間

時間 Timesの文字

運動の時間が長ければ、当然、ダイエット効果は高いです。こちらも、平均的な長さを「分」で表しています。

240分
  • スキー
180分
 

  • バスケットボール
  • ソフトボール・野球
  • ゴルフ
120分
  • テニス
  • スケート
  • サッカー
  • ロッククライミング
  • ボクシング(サンドバッグ)
  • バレーボール
  • サーフィン
60分
 

  • ラクロス
  • クロール
  • 水中歩行
  • ヨガ
  • 散歩
  • 歩行
30分
  • ボクシング(リング上)
20分
 

  • ストレッチ

私が独断で記入したもの。これ以上なら、当然、効果も上がります。

 

3:手軽さ

手軽 Easyの文字

最後に手軽さ。次の点を考えて、ポイントを付けました。

手軽さのポイント
  • 人数が必要か
  • 家、外、施設などの行う場所
  • ジムなどが多くあるか
  • 季節が限られているか(夏だけ、冬だけ)

やるのが大変なら、続けられず、回数も少ないので、効果は低くなる。当然ですよね。

100ポイント
  • ヨガ
  • 散歩
  • 歩行
  • ストレッチ
50ポイント
  • テニス
  • ロッククライミング
  • クロール
  • 水中歩行
  • バスケットボール(練習)
25ポイント
  • 水中歩行
  • ソフトボール・野球
  • ゴルフ
  • サッカー
  • バレーボール
  • サーフィン
  • バスケットボール(試合)
  • スケート
10ポイント
  • スキー
  • ラクロス
  • ボクシング

冬しかできないスキー、やる場所がないラクロス、リング上で行うボクシングは、やはり低くなります。

 

迷うなら、この式を作ってみる

 

もし、あなたが「どっちの運動がダイエットできそうかな?」と悩んだら、この式を使って、比べてみましょう。

「走りやすい」「ジムに行きやすい」「時間がこっちの方が長い」などで、ポイントをつけてみる。それだけで、悩みは解消されますよ。

 

スポーツのメリット 2つ

 

スポーツのメリットは次の2つです。

  • 仲間がいるから、続けやすい
  • 約束するから、行くしかない

 

では、確認しましょう。

 

1:仲間がいるから、続けやすい

友情 仲間がたくさんいる

スポーツは、仲間ができます。これはボクシングや、ロッククライミング(ボルダリング)など、個人でやるものも、です。

なぜなら、ジムに行けば、自然と話をするから。私もボクシングジムに通っていた時、定年退職したパイロットや警察官、中学生など、色々な人と話をしました。同じスポーツをすると、なぜか打ち解ける。これが大きなメリットになります。

 

2:約束するから、行くしかない

スキーを持つ人

スポーツは、約束するので、行くしかありません。だから、やる必要が出てくる。

サッカー、野球、バスケットボールなど、人数が必要なら、あなたを待っています。これも、大きなメリットです。

 

スポーツのデメリット 2つ

 

今度は、デメリットに目を向けましょう。この2つになります。

  • 足を引っ張るかもという不安
  • 下手だから、恥ずかしい

 

いい面もあれば、悪い面もある。当然です。

 

1:足を引っ張るかもという不安

悩む男

スポーツは「足を引っ張るかも」と言う不安があります。特にチームスポーツでは、あなたのミスが、負ける原因になるかもしれない。それなら「いや、ちょっと…」と思いますよね。

 

2:下手だから、恥ずかしい

顔を隠している

下手だと、恥ずかしいですよね。「誰もが最初は初心者」と、頭で分かっていても、ほかの人と比べると、やはり恥ずかしい。

ちゃと
「ちょっと休憩」と言い訳して、サボりたくなりますよね。

 

苦手な人におススメのスポーツ

 

運動が苦手な人におススメのスポーツをご紹介しましょう。それは1人で出来るもの。具体的には、次の3つです。

  1. ジョギング
  2. ウォーキング
  3. 筋トレ

 

これなら、人目を気にせずに、出来ますよ。

 

1:ジョギング

走っている人たち

ジョギングは、1人で手軽に出来ます。時間も場所も選びません。遅くても、問題なし。誰にも迷惑かけませんからね。

 

2:ウォーキング

ウォーキングしている人

走るのが苦手なら、ウォーキングもいいですね。通勤・通学に取り入れられますし、靴があれば、簡単にできます。

 

3:筋トレ

フィットネスジム

筋トレも、いいですね。自重(じじゅう)トレーニングという、自分の体重を使ったものなら、家で今すぐに出来る。雨の心配もありません。

 

スポーツジムとの3つの比較

 

なぜ子さん
なるほど。じゃあ、スポーツジムとの比較を知りたいな。
ちゃと
そうですね。では、3つに分けて、考えてみましょう。
  1. お金
  2. 教わり方
  3. 目的

 

1つずつ見ていくと、あなたの頭も整理されていきます。

 

1:お金

moneyの文字

お金の面では、このようになります。

  • スポーツ 会場使用料、靴、服など
  • ジム   入会金、月謝、靴、服など

 

スポーツは会場使用料など、かかります。野球なら、球場。サッカーなら、グラウンド。回数が多ければ、この費用も増えます。

ジムなら、入会金と月謝ですね。こちらは行く回数に関わらず、同じ金額の場合も多いです。

 

2:教わり方

teachの文字

教わり方は、こちらです。

  • スポーツは、友人・知人から教えてもらう
  • ジムは、トレーナーから教えてもらう

 

スポーツは、レッスン料など、かかりませんよね。そのかわり、ジムはトレーナー。パーソナルトレーニングジムと呼ばれる、マンツーマン(あなただけについてくれる)でトレーナーがつく場合もあります。このお金は月謝などに含まれていることが多いですね。

 

3:ダイエット

dietの文字

最後に「ダイエット」の考え方です。

  • スポーツの目的は「上手くなること」「勝つこと」
  • ジムの目的は「痩せること」が多い

 

ここが、最も大きな違いになります。スポーツは、上手くなりたい、勝ちたいと言う人が多いです。つまりダイエットで来る人は多くない。これが長続きするポイントでもあります。

ジムの目的は「痩せること」が多いです。そのほかに健康、アンチエイジングで通う人もいます。

 

まとめ

 

ダイエット効果は、ただ「運動の強度・きつさ」「時間」だけではありません。そこに「手軽さ」が必要です。なぜなら「続く運動」こそ、痩せるから。

多くの人は、これを知りません。

私はボクシングをしています。しかし、ジムにはもう10年以上通っていません。清掃工場の前で、1人、シャドーボクシングをしているのです。

これこそ、本当の「ダイエットに効くスポーツ」。あなたにも、これを見つけてほしいです。さあ、先ほどの表を参考に、まずはやってみましょう。

 


2か月間で、人生を変える方法

 

ダイエットは、2か月間で出来る。

自分の体

ダイエットのプロから学べば、必ずあなたはやせて、人生が変わります。2か月間で、あなたの人生に「革命」が起きるのです。

小学校時代にデブで、クラスのスミで目立たないようにしていた私だから、あなたにお伝えできます。

私の話を聞いてください。絶対に、損はさせません。


コメントを残す