「体型が変わらないのに、体重が増えた。何でだろう」と悩んでいるあなた。まったく問題ありません。脂肪より重い筋肉が増えたのです。

ちゃと
素晴らしいことですよ。私も、あなたの体型を目指します。

そして、筋肉が増える2つのメリットを確認しましょう

  • 基礎代謝が上がる
  • 姿勢がきれいになる

 

まさに、いいことだらけ。

「でも、体重が増えたから、太ったって言われそう」というあなたに、お話します。

体重はただの数字です。なぜなら、誰も知らないから。ここをお話します。

最後に、細く引き締まる3つの筋肉の鍛え方です。

  • 回数を増やす
  • 体の裏側を鍛える
  • 脂肪を分解するホルモンを出す

 

これで、あなたは理想の体型に近づきます。不安は何もありません。この記事に、全て書かれていますからね。

体型が変わらず、体重が増えた → 筋肉が増えた

 

体型が変わらず、体重が増えたのは、筋肉の分です。なぜなら、脂肪より、筋肉のほうが重いから。

 

脂肪より、筋肉のほうが重い

 

こちらの画面をご覧ください。

 

脂肪と筋肉の違い

脂肪と筋肉では、同じ重さでも大きさが全く違います。つまり、体重が重くなった分は「筋肉」です。

 

体型が変わらず、体重が軽くなった → 筋肉が減ったのでダイエットが必要

悩んでいる人

これが、もし体型が変わらず、体重が軽くなったら「筋肉が減った」ので、対策が必要です。なぜなら、太りやすい体質を変える必要があるから。

ちゃと
あなたは違うので、悩む必要が全くありません。

 

筋肉が増える2つのメリット

 

筋肉が増えると、次の3つのメリットが出てきます。

  1. 基礎代謝(きそたいしゃ)が上がる
  2. 姿勢がキレイになる

 

筋肉のすごさが分かりますよ。

 

その1:基礎代謝(きそたいしゃ)が上がる

基礎代謝が右肩上がり

筋肉が多くなれば、基礎代謝が上がります。この基礎代謝とは、人が生きる上で必要な「心臓を動かす」「呼吸をする」などに必要なカロリーのこと。これが上がると、太りにくい。素晴らしい力ですよね。

 

その2:姿勢がキレイになる

綺麗な姿勢の文字

筋肉があれば、姿勢がきれいになります。これで若い印象を、与えられます。骨を支える力があるのは、筋肉だけ。腰が折れ曲がっていたら、老人の印象を受けますよね。

 

体重が増えても、気にしなくていい

 

体重が増えても、気にする必要はありません。なぜなら、誰も知らないから。

 

あなたの体重は誰も知らない

?マーク

あなたは、体重を紙に書いて、背中に貼って歩いていません。つまり、誰も知らない数字。だから、気にする必要は、全く無いのです。

注意するのは「鏡に映る体型」だけ。これが変わらないあなたは、悩む必要がありません。

 

細くするための筋トレ 3つのポイント

 

「いや、でも、やっぱり細くなりたい」と考えるなら、引き締まる筋トレをご紹介しましょう。次の3つになります。

  1. 回数をたくさん行う
  2. 体の裏側を鍛える
  3. 脂肪を分解するホルモンを出す

 

これで、あなたの不安はゼロです。

 

1:回数をたくさん行う

たくさんのチューリップ

回数をたくさん行いましょう。これで「遅筋:ちきん」と呼ばれる細く引き締まった筋肉になります。マラソン選手やボクサーの体を、思い出して下さい。

42.195㎞の距離を走る、3分間(1ラウンド)で300発のパンチを出すといったトレーニングで、あの体は作られます。「細く引き締まる」意味が、分かりますよね。

 

2:体の裏側を鍛える

老人の背中

背中など、体の裏側を鍛えましょう。これで痩せマッチョ(痩せているが、鍛えられた筋肉がある体)になります。トレーニングとしては、押す動作。「パンチを出す」は、まさにこれですね。

 

3:脂肪を分解するホルモンを出す

脂肪分解

脂肪を分解するホルモンを出しましょう、これは「カテコールアミン」と呼ばれる、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンの総称(まとめていったもの)になります。これは、論文で証明されています。

脂肪動員の引き金になるのは、アドレナリンやノルアドレナリンなどの、カテコールアミンとよばれるホルモンである

脂肪の代謝とその調節 ―からだのエネルギーバランス―

さらに、このホルモンを出すには「有酸素運動」と「全力を出す運動」です。

〇 有酸素運動

また,(有酸素運動の)連続法では運動中の血中アドレナリン,ノルアドレナリン,成長ホルモン,遊離脂肪酸およびグリセロール濃度が増加し,濃度の低下が認められた.

間欠的な有酸素運動における運動中および運動後の酸素摂取動態

〇 全力運動

血漿A(アドレナリンの濃度)は70~90%(運動)強度で急激に増加したのに対して

運動強度の増大に対する心拍数および血漿力テコールアミンの応答

 

アドレナリンとノルアドレナリンは70%VO2MAX(運動の強さ)の場合に、運動60分後と2時間後で他の条件に比べ(30%~60%の運動の強さ)約2倍もの濃度差が認められた

運動強度と運動時間から見た脂質代謝特性

この運動を取り入れれば、あなたの脂肪は無くなりますよ。

 

まとめ

 

あなたは、何も悩むことはありません。筋肉が増えるのは、いいこと。むしろ、他人から「いいなあ」と思われます。そのまま、続けましょう。

さらに、2つの運動を追加すれば、より脂肪が燃えます。悩まず、焦らずに、今の状態を続けましょう。


2か月間で、人生を変える方法

 

ダイエットは、2か月間で出来る。

自分の体

ダイエットのプロから学べば、必ずあなたはやせて、人生が変わります。2か月間で、あなたの人生に「革命」が起きるのです。

小学校時代にデブで、クラスのスミで目立たないようにしていた私だから、あなたにお伝えできます。

私の話を聞いてください。絶対に、損はさせません。


コメントを残す