「血行促進するストレッチって、ないかな?」と思ってるあなたへ。

あります。まずは、ジョギングなどの軽い運動「動的(どうてき)ストレッチ」をご紹介しましょう。

さらに、私が20年以上やっている「静的(せいてき)ストレッチ」(筋肉を伸ばすもの)の記事もご紹介します。

そして、血行を良くすると、細くなる効果も、取り上げましょうね。これで、かなり良くなります。さあ、早速始めましょう。

血行を促進する4つの「動的ストレッチ」

 

血行が良くなるのは、軽い運動の「動的ストレッチ」です。

なぜ子さん
なんかイメージと違う
ちゃと
そうですね。実は運動前に行うものが、このストレッチ。血行促進にピッタリですよ。

ここでは、4つご紹介しましょう。

  1. ウォーキング
  2. スロージョギング
  3. ラジオ体操
  4. 縄跳び

 

では、1つずつ確認します。

 

1:ウォーキング

 

ウォーキングは、日常に取り入れやすいストレッチですね。コツは次の3つ。

  • 足の中心で着地
  • ひじを引く
  • リュックなど、両手が空くかばんにする

 

せっかくなので、確認しておきますね。

 

その1:足の中心で着地

足の中心

足の中心で着地すると、痛みが出にくいです。「かかと」だと、地面からの衝撃も大きいですからね。

ちゃと
私も経験しました。痛くて、すぐに止めました。

 

その2:ひじを引く

ひじを〇で囲んだ絵

ひじを引くと、腕が使えて、歩きやすいです。また、使うカロリーも大きくなる。せっかくだから、痩せやすい運動にしましょう。

 

その3:リュックなど、両手が空くかばんにする

リュックを背負っている絵

体のバランスを考えて、両手が使えるかばんにしましょう。リュックが理想ですね。

 

2:スロージョギング

 

ゆっくり走れば、より血行もよくなります。

なぜ子さん
でも、普通のジョギングや、ウォーキングとの違いがわからないわ。
ちゃと
そこも含めて、コツを3つ、ご紹介しましょう。
  • 会話ができるくらいのスピード
  • 呼吸は「鼻から2回、口から2回」
  • 楽しいことが最優先

 

ちゃと
私は走ること自体、苦手ですが、もう10年以上やっていますね。

 

その1:会話ができるくらいのスピード

会話の吹き出し

スピードは「会話ができるくらい」でOKです。早く走る必要は「まったくありません」。

ちゃと
これだけで、気が楽ですよね。

 

その2:呼吸は「鼻から2回、口から2回」

鼻から2回、口から2回

呼吸は「鼻から2回」吸って「口から2回」吐きましょう。これで、楽に走れます。

ちゃと
鼻から吸う「鼻呼吸」だと、日常生活も楽になり、集中力も増しますよ。

 

その3:楽しいことが最優先

シャボン玉

楽しいことが最優先です。「つまらない」「やりたくない」と思ったら、即やめましょう。

ちゃと
あなたの感覚こそ、すべてです。

 

3:ラジオ体操

 

ラジオ体操も、いいストレッチですね。コツは次の3つ。

  1. 大きく動く
  2. 指先まで伸ばすことを意識
  3. 「みんなの体操」まで、すべて行う

 

ちゃと
体操を、なめてはいけません。

 

その1:大きく動く

ラジオ体操 大きく動く

1つ1つ、動作を大きくすること。これだけで、汗だくになります。

 

その2:指先まで伸ばすことを意識

ラジオ体操 指先まで意識

指先まで意識しましょう。綺麗に伸ばすだけで「負荷の大きさ」を感じますよ。

 

その3:みんなの体操まで、すべて行う

カエルのストレッチ

みんなの体操まで行うと、長い時間、体を動かせます。だから、血行もより良くなる。

ちゃと
せっかくなので、全部やりましょう。

 

4:縄跳び

 

縄跳びも、いい動的ストレッチですね。

なぜ子さん
え? あんまり長く飛べないよ~。
ちゃと
そこで、ボクシング歴10年の私から、簡単な飛び方をご紹介しましょう。

 

「片足で2回ずつ」飛ぶと、長く飛べる

青の靴でつま先で2回飛ぶ
ちゃと
「片足で2回ずつ」飛びましょう。これで、あなたも楽に飛べます。

ボクサーが、20分以上、平気で飛ぶ理由が、これです。

ちゃと
足踏みと同じだから、長い時間飛んでも、平気ですよ。

 

静的ストレッチをまとめた記事もあります

 

静的ストレッチを全てまとめた記事は、こちら。

最高の朝日

30代が知るべきストレッチとダイエットにつながる8個の理由

2020年3月18日
ちゃと
これも、血行が改善されます。

ただ、体が温まる点から考えると、動的ストレッチがよりいいですね。

 

ほかの方法 2つ

 

血行を良くするなら、ほかの方法もあります。例えば、この2つ。

  • 温かいものを食べる
  • お風呂につかる

 

簡単で手軽ですよ。

 

1:温かいものを食べる

ねぎを置いている鍋

温かいものを食べると、汗をかきますよね。例えば、こちら

  • ラーメン、鍋物などの温かいスープがあるもの
  • カレーなど、香辛料が入っているもの
  • 辛いもの
  • 白湯(普通のお湯)温かいお茶・コーヒーなど

 

ちゃと
「体の内側から」温めるイメージですね。

 

2:お風呂につかる

お風呂の絵

お風呂につかると、体の芯から温まります。これが大事。

ちゃと
深部(しんぶ)体温という、体の奥の体温を上げることで、血行がいい状態が、より長くなります。

 

むくみが取れて、細く見える

女性のモデル

血行がよくなると、むくみが取れて、細く見えます。むくみとは、足などに余計な水分がたまること。これで、スッキリとした体型にもなります。

 

まとめ

 

血行を良くすると、体にいい。だからこそ、毎日やることが大事です。私も20年以上、ストレッチを続けています。徹夜明けでも、出張に行っても、肺炎で入院しても。この継続こそ、あなたの体に革命を起こしますよ。


2か月間で、人生を変える方法

 

ダイエットは、2か月間で出来る。

自分の体

ダイエットのプロから学べば、必ずあなたはやせて、人生が変わります。2か月間で、あなたの人生に「革命」が起きるのです。

小学校時代にデブで、クラスのスミで目立たないようにしていた私だから、あなたにお伝えできます。

私の話を聞いてください。絶対に、損はさせません。


コメントを残す