「股関節の柔軟体操って、何があるのかな?」と悩んでいるあなたへ。

あります。私もやっているものを6つ、お話しします。さらに柔らかくなるメリットもご紹介しましょう。体の中心を、大事にするあなたへ、この記事を贈ります。

股関節の柔軟体操 6選

 

股関節の柔軟体操は次の6つです

  1. 股割(またわり)
  2. 足を前後にして、腰を落とす
  3. 足を広げる(開脚)
  4. あぐらのように、足裏をつけて、上半身を倒す
  5. 仰向けになって、足を天井に伸ばし、ひろげる
  6. 仰向けになり、ひざを引き寄せる

 

絵でも確認しますね。

 

1:股割(またわり)

 

足を横に広げ、つま先も左右に向けて、腰を落とすことを「股割」と言います。

股関節を伸ばすストレッチ

頭の中で、このようにイメージしましょう。

股関節の意識するところ

 

2:足を前後にして、腰を落とす

股関節 腰を落とす

背筋は伸ばしたまま、足を前後にしましょう。ひざの角度は90度。

ちゃと
左右、両方やりましょう。別の筋肉がほぐれます。

 

3:足を広げる(開脚)

 

股関節 開脚

足、背筋を伸ばすことがポイント。足はつま先まで意識すること。

ちゃと
上半身を倒す時も、背筋は伸ばしたままです。

 

4:あぐらのように、足裏をつけて、上半身を倒す

あぐらをかいてストレッチ 1

足の裏をつけて、ひざを床につけるようにします。

あぐらをかいてストレッチ 2

さらに、背筋を伸ばし、上半身を倒すと、股関節(こかんせつ)がほぐれます。

 

5:仰向けになって、足を天井に伸ばし、ひろげる

股関節 足を上げて閉じているところ

仰向けになり、天井に足を伸ばしましょう。

ちゃと
つま先まで、しっかり伸ばすのがポイントです。
股関節 足を上げて広げているところ

足の重さ(重力)を利用すると、勝手に足が広がります。

 

6:仰向けになり、ひざを引き寄せる

仰向けになって、膝を引き寄せる

ひざをグルグルさせると、色々な方向に伸び、気持ちいいです。

 

柔らかくなる2つのメリット

 

柔らかくなって、得られるメリットは、次の2つです。

  • 体が楽になる
  • 体全体に意識が向く

 

ぜひ、手にしてください。

 

1:体が楽になる

女性の笑顔

股関節が柔らかければ、体が楽になります。なぜなら、体のクッションだから。上半身と下半身の間にあって、地面や上からの衝撃を受ける。ここに柔軟性があれば、当然、ダメージも少ない。だから、楽なのです。

 

2:体全体に意識が向く

女性が目を閉じるところ

股関節を柔らかくすると、全体に意識が向きます。なぜなら、ほかの硬い部分が、より不快だから。単純に我慢できないのです。

リラックスや疲れの取れ具合を、体で感じているので「体全体も」と思うのです。これで、体全体のバランスが整います。

 

まとめ

 

股関節は体の大事な部分。柔らかくしたいと考えるあなたは、素晴らしいです。あとは、実行。早速やってみて、自分の体で確かめてください。


あなたがやるべきこと

デブと自分の体

あなたは「このサイトの情報は信頼できる」と感じている。最後まで読んだのが、その証拠。そこで私から「やるべきこと」をお話しします。

①:実績ある「パーソナルトレーニングジム」に行く

②:ジムに通う間「このサイト」などで、正しい情報を取り入れる

③:通った後は、その情報で、あなた自身ダイエットを続ける

「痩せたい」「ダイエットしたい」あなたの願いは、必ず実現できるし、する。こちらから、どうぞ。


コメントを残す